絵本カーニバルとは
たくさんの絵本に触れ、さまざまな世代が繋がることのできる場所。
絵本カーニバルは、絵本を媒体としたコミュニケーションを提案し、地域における子どもの居場所をつくる活動を続けています。

絵本カーニバルの実現しているものは、どんな場所にでも絵本を飾ること、舞台を整えることによって、人が集う場・特別な空間へと変容させることです。それも赤ちゃんから老人まで、さまざまな世代が交流、交換する場へと。

多世代が集う場所、と一言でいっても、それは少子高齢化が進む現代社会の中で必要不可欠な場であり、誰もが実現を望んでいながら、地域の中になかなか定着していないのが実状ではないでしょうか。そういった場の実現を、ハードウェアとソフトウェアそしてヒューマンウェアの3つの側面から提案しているのが絵本カーニバルであり、それができるメディアこそ絵本なのではないかと私たちは思っています。
stacks_image_7D1D97B0-A933-4A26-8148-F3645C1CD14D
絵本展示(絵本の森)
stacks_image_10783BFF-7075-47B9-9F19-891AC016610A
絵本カーニバルのメインコンテンツ、「絵本の森」では厳選した国内外の絵本作品が会場を楽しく彩ります。
stacks_image_F4CE5F73-CE90-47A1-AF38-41CADE9CBABF
絵本作家や児童文学作家など専門家を招いて様々なテーマで話を伺います。
stacks_image_77C68A36-5001-45B7-8196-9D06CAC58BBD
絵本カーニバルでは絵本展示とともに、絵本作家によるワークショップや、読み聞かせ、コンサート、絵本の原画展示など様々なプログラムをご用意しています。
stacks_image_00556378-427D-49C9-AEDB-DFD764483E43
「絵本のあるライフスタイル」を提案する書籍やポストカード、ファニチャーなどの商品を企画・制作します。